このページは役に立ちましたか?
はい いいえ

Tableau Online とのバージョン互換性

Tableau Online は、Tableau で作成されたコンテンツを共有、分配、および連携する安全なクラウド ベース ソリューションです。Tableau Online サーバーは一般的に、Tableau の新しいメジャー バージョンがリリースされる際にアップグレードされます。これが発生した場合は、Tableau Desktop インストール、Tableau Bridge、および tabcmd や Tableau データ抽出ユーティリティなどの Tableau コマンドライン ユーティリティを使用している既存のスクリプトまたはプロセスを含め、既存の環境との互換性を維持する方法を検討する必要があります。

メジャー アップグレードの内容の詳細については、Tableau Desktop および Tableau Prep Builder のアップグレードを参照してください。

Tableau Online 連携させるために Tableau Desktop と Tableau Bridge をアップグレードする場合

Tableau Online が新しいメジャー バージョンにアップグレードされた後でも、以前のバージョンの Tableau Desktop からデータ ソースやワークブックをパブリッシュできます。ただし、次を実行するには最新のメジャー バージョンの Tableau Desktop にアップグレードする必要があります。

  • Tableau Online Web 編集環境で編集および保存された、パブリッシュ済みワークブックをダウンロードして開きます。

  • データ ソースのローカル コピーを作成します。

Tableau Online サーバーよりも古い Tableau Desktop バージョンでこれらのワークブックやデータ ソースの使用を試みると、次のエラーが発生する場合があります。

This file was created by a newer version of Tableau. Please upgrade Tableau Desktop to the version (or greater) that the file was saved in.

最新の Tableau Bridge クライアントは、Tableau Desktop の新しいメジャー バージョンをインストールする際にインストールされます。自動的に起動し、以前のバージョンで設定した抽出の更新を再開します。

サイト管理用に tabcmd をアップグレードする時期

ワークブックのアップロードやユーザーの管理タスクを自動化するためなど、tabcmd を使用して Tableau Online サイトを管理している場合、これらのタスクを実行するために、最新バージョンの tabcmd が必要になります。古いバージョンの tabcmd を使用すると、エラーや予期しない結果が発生します。

現在サポートされる tabcmd のバージョンの詳細については、Tableau Online ヘルプの「tabcmd のインストール」を参照してください。

データ ソースを更新するために Tableau データ抽出ユーティリティを使用します

Tableau Desktop データ抽出コマンドライン ユーティリティは、Tableau Desktop と共に自動的にインストールされます。Tableau Online でこのツールを使用して、パブリッシュされたデータ ソースにデータを送信している場合は、次の要件を考慮してください。

  • サイト名の代わりにサイト ID を使用する必要があります。

    サイト ID は Tableau Online URL の一部です。たとえば、次の場合、サイト ID は WidgetWorks です。

    https://online.tableau.com/t/WidgetWorks/view/projects

    -t オプションの詳細については、Tableau Online ヘルプの「抽出の更新タスクの自動化」を参照してください。

  • データ ソースを Tableau Online にパブリッシュした後、Tableau Online バージョンと一致する Tableau Desktop バージョンに付属のデータ抽出ユーティリティを使用して、パブリッシュされたデータ ソース内のデータを更新する必要があります。