Tableau Server で使用する Tableau Prep Conductor のライセンス発行

Tableau Prep Conductor は Data Management アドオンを介して、ユーザーベースまたはコアベースである展開ごとにライセンスされています。展開には、ライセンスされている本番環境の Tableau Server インストールのほか、本番環境インストールをサポートし、ライセンスされている非本番環境の Tableau Server インストールが含まれています。展開の詳細については、エンドユーザーライセンス契約に関する文書を参照してください。

  • Data Management アドオンは、ライセンスされた Tableau Server の展開でのみライセンス認証できます。Data Management アドオンの購入方法やプロダクト キーの取得の詳細については、アカウント マネージャーにお問い合わせください。

  • プロダクト キーがライセンス認証されて有効になっている場合は、サーバーへのフローのパブリッシュ、スケジュール、または実行ができます。また、フローの管理や監視もできます。

  • Data Management プロダクト キーが削除されているかプロダクト キーのライセンス認証が解除されている場合、または Data Management プロダクト キーが期限切れの場合は、フローのパブリッシュ、スケジュール、実行の機能、およびフローのアラートを受信する機能は無効になります。フローは表示できなくなりますが、データは Tableau Server に残り、削除されません。

    注: Tableau Server プロダクト キーが引き続きアクティブで有効な場合は、Tableau Server REST API を使用してフローをダウンロードできます。詳細については、「フローのメソッド」を参照してください。

Data Management アドオンのライセンス発行のしくみ

ユーザーベース:

ユーザーベースのライセンス メトリックを使用すると、Tableau Server を 1 台のコンピューターまたはクラスタ内の複数のコンピューターに導入できます。Tableau Server にアクセスする各ユーザーは、ライセンスが発行されている必要があります。管理者は、ユーザーとそのユーザーに対するライセンスを追加します。Tableau Server に追加する最初の Creator または Explorer プロダクト キーによって、Tableau Server がアクティブになり、サーバー管理者が使用できるようになります。

Data Management アドオンのプロダクト キーを使用すると、展開レベルで Tableau Prep Conductor が有効になります。また、既に Tableau Server のライセンスが発行されているすべてのユーザーに対して Tableau Prep Conductor のライセンスが発行されます。

コアベース:

コアベースのライセンス メトリックでは、Tableau Server 内のユーザー アカウント数に制限がありません。代わりに、このライセンスでは、Tableau Server を実行できるコンピューター コアの最大数を指定します。

通常、すべてのコンピュータのコアの合計数は、Tableau Server ライセンスによって許可されている合計数を超えることができません。Data Management プロダクト キーを Tableau Server に追加する場合、特定の数の Tableau Prep Conductor コアが含まれています。このシナリオでは、すべてのコンピューターのコアの合計数が、Tableau Server のライセンスと Data Management ライセンスの両方で許可されている合計数を超えることができません。

このトピックでは、Tableau Server ライセンスでライセンス発行されたコアを Tableau Server コアと呼び、Data Management アドオンを使用してライセンス発行されたコアを Tableau Prep Conductor コアと呼びます。

コアベースのメトリックに適用されるライセンスの発行方法に関係するいくつかの概念を、以下に示します。

  • ノードは、Tableau Server コアまたは Tableau Prep Conductor コアのいずれかによってライセンスが発行されます。

  • Tableau Prep Conductor コアは Tableau Prep Conductor の実行専用ノードに、そのノードのバックグラウンダーがフローのバックグラウンド ジョブのみを実行するように設定されている場合に適用されます。この場合、このノードのコア数の合計が Data Management アドオン ライセンスによって許可されるコアの数を超えることはできません。このノードで Tableau Prep Conductor、バックグラウンダー、およびデータ エンジン以外のライセンス プロセスが有効になっている場合、このノードには Tableau Server コア ライセンスが必要となり、このライセンスを使用します。

  • 前述のとおり、バックグラウンダーのノードの役割は、ノードで使用されるライセンスにも影響します。たとえば、バックグラウンダーのノードの役割がすべての種類のジョブを実行するように設定されている場合 (これが既定です)、このノードは Tableau Server コアによってライセンス発行されます。ノードの役割の詳細については、「Tableau Server でのノードの役割」を参照してください。

    ノードがどのようにライセンス発行されているかを理解するには、次の表と決定フローを参照してください。

    ノードの状況 ノードのコア数 ノードのライセンス発行に使用されるコア

    次のいずれかのプロセスが有効になっている場合:

    • アプリケーション サーバー

    • バックグラウンダー (ノードの役割がすべてのジョブを実行するように設定されている場合)

    • ファイル ストア

    • Data Server

    • VizQL Server

    Tableau Server コアの合計数。 Tableau Server コア。

    次のプロセスのみが有効になっている場合:

    • Tableau Prep Conductor

    • バックグラウンダー (ノードの役割がフローのみを実行するように設定されている場合)

    • データ エンジン

    Data Management アドオンを使用して購入された Tableau Prep コアの合計数。

    注: 使用可能な Tableau Prep Conductor コアがなく、Tableau Server コアが使用できる場合は、Tableau Server コアが使用されます。

    Data Management アドオンに含まれている Tableau Prep コア。

    注: 使用可能な Tableau Prep Conductor コアがなく、Tableau Server コアが使用できる場合は、Tableau Server コアが使用されます。

 

licensing decision flow

ライセンス プロセスの詳細については、「Tableau Server プロセス」を参照してください。

Tableau Server のライセンス発行に関する詳細については、「Tableau Server のライセンス発行の概要」を参照してください。

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 ご意見の送信中にエラーが発生しました。もう一度実行するか、当社にメッセージを送信してください