ダッシュボードの拡張機能の使用

拡張により、固有の機能をダッシュボードに追加したり、Tableau 以外のアプリケーションに直接統合できます。拡張の追加は簡単です。他のダッシュボード オブジェクトと同じようにダッシュボードのレイアウトに組み込みます。

拡張によりダッシュボードの機能は、サードパーティー開発者により作成された Web アプリケーションで改善しました。ユーザーが開発者であり、独自の拡張を作成したい場合は、GitHub の「Tableau 拡張 API ドキュメンテーション」 を参照してください。

: Tableau 管理者は、Tableau DesktopTableau Server、および Tableau Online のダッシュボードの拡張機能をオフにすることができます。

次のアニメーションは拡張機能の例です。他の拡張では、別のオプションが見られます。


画像をクリックするとアニメーションが再生されます。

拡張機能をダッシュボードに追加する

拡張機能をダッシュボードに追加するんは、まず関連する .trex ファイルをダウンロードします。これは、Web ベースのアプリケーションの URL を含む拡張機能のプロパティを指定します。

  1. Tableau ワークブックで、ダッシュボード シートを開きます。

  2. [オブジェクト] セクションから、 [拡張機能] をダッシュボードにドラッグします。

  3. [拡張機能の選択] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを実行します。

    • [マイ拡張]をクリックして、先ほどダウンロードした .trex ファイルを開きます。

    • [拡張機能ギャラリー]をクリックして、新しい拡張機能をダウンロードします。次に [マイ拡張]をクリックして、ダウンロードした .trex ファイルに進みます。

  4. プロンプトが表示されたら、ワークブックにあるデータへのダッシュボードの拡張機能のアクセスを許可または拒否します。詳細については、データセキュリティおよびダッシュボードの拡張機能を参照してください。

    アクセスを許可する場合は、画面上の指示に従って拡張機能を設定します。

    注: 拡張機能オブジェクトは印刷物、PDF、およびダッシュボードの画像(登録メールの画像を含む)ではブランクで表示されます。

ダッシュボードの拡張機能の構成

機能をカスタマイズできる構成オプションを提供するダッシュボードの拡張機能もあります。

  1. 拡張機能をダッシュボードで選択し、右上隅のドロップダウンメニューから[構成]をクリックします。

  2. 画面上の指示に従って拡張機能を構成します。

ダッシュボードの拡張機能の再読み込み

ダッシュボードの拡張機能が応答しなくなったら、再読み込みする必要があります。これは、ブラウザでWeb ページを更新するのと似ています。

  1. 拡張機能をダッシュボードで選択し、右上隅のドロップダウンメニューから[再読み込み]をクリックします。

    ダッシュボードの拡張機能が更新され、その元々の状態に設定されます。

  2. 拡張機能を再読み込みしても使用できる状態に復元できない場合は、ダッシュボードから削除して再度追加してみてください。

拡張機能が Tableau Online または Tableau Server で実行していることを確認する

拡張を Tableau Desktop からパブリッシュするワークブック、または Tableau Online および Tableau Server のWeb 作成モードに直接、追加することが可能です。Tableau 管理者は、拡張のサイトでの実行を可能にし、参照元データ全体にアクセスする拡張を安全なリストに追加する必要があります。  管理者は、テスト済で信頼できる拡張だけを許容すべきです。

ダッシュボードの拡張機能を Tableau Online または Tableau Server で使用したい場合は、管理者に「ダッシュボードの拡張機能を Tableau Online で管理」 または 「ダッシュボードの拡張機能を Tableau Server で管理」を参照するように指示します。

データセキュリティおよびダッシュボードの拡張機能

ダッシュボードの拡張機能はWeb アプリケーションで、お使いのローカル ネットワークの外にある Web サーバーでも実行可能です。拡張の追加または、拡張でダッシュボードを表示する前に、それをホストしている Web サイトが信頼できるか確認します。デフォルトにより、ダッシュボードの拡張機能は HTTPS プロトコルを使用します。これにより、データの送受信用の暗号化チャネルが保証され、ある程度のプライバシーとセキュリティが保証されます。

ダッシュボードの拡張機能を使用する際のデータ セキュリティの詳細については、「拡張機能のセキュリティ - 展開に関するベスト プラクティス」を参照してください。

拡張機能へのデータ アクセスの許可または拒否

拡張機能の設計に応じて、ビュー内の表示データ、または参照元データ全体、データソースからの表およびフィールド名、さらにデータソース接続についての情報のいずれかにアクセスできます。拡張機能を追加、または拡張機能でダッシュボードを表示する場合は、拡張機能の実行およびデータへのアクセスを許可または拒否する機会があります。

フルデータ アクセスを必要とするがアクセスが拒否されている拡張機能を含むダッシュボードを表示している場合は、拡張機能の代わりにメッセージが表示されます。拡張機能を信頼しこれを使用したい場合は、パーミッションをリセットして拡張機能の実行を許可します。

  1. 拡張機能をダッシュボードで選択し、右上隅のドロップダウンメニューから[パーミッションのリセット]をクリックします。

  2. [許可] をクリックして拡張機能を実効しデータにアクセスするか、または [拒否] をクリックして拡張機能の実行を防ぎます。

[JavaScript を有効にする]

ダッシュボードの拡張機能は JavaScript ライブラリである Tableau 拡張 APIライブラリを使用してデータを操作します。拡張を使用したい場合は、その JavaScript がダッシュボードのセキュリティ設定であることを確認します。[ヘルプ」 > [設定とパフォーマンス」 > [ダッシュボード Web ビューセキュリティの設定] > [JavaScript を有効にする]

ダッシュボードの拡張機能についてのサポートを得る

拡張機能のヘルプを得るには、それを作成した開発者か企業に連絡する必要があります。

  1. 拡張機能をダッシュボードで選択し、右上隅のドロップダウンメニューから[拡張機能について]をクリックします。

  2. [サポートを得る] をクリックして拡張機能の開発者のサポート ページに進みます。

Tableau は、拡張 API とインターフェイスする拡張や他のプログラムはサポートしていません。ただし、Tableau 開発者コミュニティに質問を送信してアドバイスを求めることができます。

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 ご意見の送信中にエラーが発生しました。もう一度実行するか、当社にメッセージを送信してください