このページは役に立ちましたか?
はい いいえ
コメントがありますか? ここに記入してください。 フィードバックを送信していただきありがとうございます。
[すべての Tableau ヘルプ] > Tableau ヘルプ > 
リファレンス > コネクタの例 > 空間ファイル
適用先: Tableau Desktop

空間ファイル

このトピックでは、Tableau Desktop をシェープファイル、MapInfo 表、KML (Keyhole Markup Language) ファイル、および GeoJSON ファイルに接続する方法について説明します。

注:空間データへの接続は、Tableau Desktop バージョン 10.2 以降でサポートされます。

Tableau Desktop バージョン 10.1 以前を使用しており、シェープファイル データを使用してマップ ビューを作成する場合は、Tableau Desktop 10.1 ヘルプの「シェープファイルから Tableau マップを作成する」トピックを参照してください。

この記事では次を説明します

接続する前に

接続してデータ ソースを設定する

(オプション) データ ソースのレビューと管理

接続する前に

空間ファイルに接続する前に、次のファイルがすべて同じディレクトリに含まれていることを確認します。

: Tableau では、ポイント ジオメトリ、線形ジオメトリ、ポリゴンにのみ接続できます。混合ジオメトリ タイプに接続することはできません。

データが付加記号 (文字の上のアクセント マーク) を適切に表示しない場合は、ファイルが UTF-8 エンコードされていることを確認する必要がある点にも注意してください。

接続してデータ ソースを設定する

Tableau を起動し、[接続] の下で [空間ファイル] を選択します。その後、次を実行します。

  1. 空間データを含むフォルダーへ移動し、接続する空間ファイルを選択します。

  2. [開く] を選択します。

空間ファイル データ ソースの例

Mac コンピューターで Tableau Desktop を使用した空間ファイル データ ソースの例:

(オプション) データ ソースのレビューと管理

分析を開始する前に、次のように変更を行うことができます。

異なるデータベースからより多くのデータを取得する

Tableau データ ソースでデータを表示する

メタデータの管理

メタデータ グリッドのボタン () を選択して、定期的な管理タスク (フィールドの非表示や名前変更など) を実行します。

フィールドと行の並べ替え

フィールドを非表示にする

列ドロップダウン矢印を選択し、[非表示] を選択します。

:[ジオメトリ] 列を非表示にすることはできません。

フィールド名の変更

列の分割

データで分割がサポートされている場合は、列ドロップダウン矢印を選択してから [分割] を選択します。場合によっては、ワークシートの[データ] ペインで [分割] をチェックする必要があります。詳細については、フィールドを複数フィールドに分割を参照してください。

:[ジオメトリ] 列を分割することはできません。

データ ソースの既存のフィールドに基づいて新しい計算を作成します

列ドロップダウン矢印を選択し、[計算フィールドの作成] を選択します。

:データ ソース ページで、[ジオメトリ] 列を使用して計算フィールドを作成することはできません。

値のコピー

グリッド内で値を選択してから、Ctrl + C (Mac では Command + C) を押します。

メタデータ グリッドの値をコピーする

値を選択して右クリックし、[コピー] を選択します。

ライブ データへの接続または抽出の使用

データ ソース フィルターを追加して、データ ソースに含まれているフィールドの可視性および使用を制限します

データ ソース フィルターを追加するには、データ ソース ページの最上部にある [追加] を選択します。

関連項目

空間ファイルから Tableau マップを作成する