言語とロケール

Tableau Desktop は複数の言語にローカライズされています。

Tableau の初回実行時は、コンピューターのロケールを認識して、サポートされている適切な言語を使用します。サポートされていない言語を使用している場合、アプリケーションは既定で英語に設定されます。

[ヘルプ] > [言語の選択] の順に選択して、ユーザー インターフェイス (メニュー、メッセージなど) を表示するように Tableau を構成できます。この設定を変更した後は、変更を有効にするためにアプリケーションを再起動する必要があります。すべてのワークブックに対してこの設定を変更する必要はありません。

日付および数値の書式設定を構成するには、[ファイル] > [ワークブック ロケール] の順に選択します。既定では、ロケールが [自動] に設定され、ワークブックを開いたときのロケールが使用されます。これは、さまざまな言語で表示されるワークブックを作成しており、日付や数値を各言語に合わせて更新する場合に役立ちます。特定のロケールを選択すると、誰が開いてもワークブックが変更されないようになります。

Tableau ではワークブック ロケールを決定するために、以下の項目を順番にチェックします。

  • ワークブック ロケール (明示的な設定)

  • Windows のロケールまたは Mac の言語

  • Tableau の言語

上記のいずれも設定されていない場合、ワークブック ロケールは既定で英語になります。

曜日の並べ替え

Tableau がローカル バージョンを提供していない言語で作業している場合は、Tableau が正しい時系列で曜日を並べ替えられるようにワークブック ロケールを設定します。それ以外の場合、Tableau は、アルファベット順に日の名前を並べ替えます。サポートされるロケールのいずれも適切でない場合、手動で曜日を並べ替えることができます。視覚化内でのデータの並べ替えを参照してください。

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 ご意見の送信中にエラーが発生しました。もう一度実行するか、当社にメッセージを送信してください。