ディスク容量の要件

一般的に、Tableau Server で日常的な使用量を割り当てるための追加ディスク容量を推定するときには、抽出を Tableau Server にパブリッシュするかどうか、および Tableau Server へのパブリッシュを想定しているワークブック数を考慮に入れる必要があります。抽出の使用を想定している場合、Tableau では数百ギガバイト (GB) を開始容量とすることを推奨しています。抽出の使用を想定していない場合、使用量ニーズを満たすのに 50 GB 程度しか必要ないと考えられます。

以下の要因がディスク容量の要件に影響を与えます。

Tableau Server への抽出のパブリッシュ

Tableau Server にパブリッシュする抽出の数、および各抽出のサイズを考慮に入れます。ご自身のニーズのテストとして、いくつかの抽出を Tableau Server にパブリッシュし、使用されたディスク容量を確認してください。このディスク容量は、時間の経過と共にどれほどの数の抽出を Tableau Server にパブリッシュし、既存の抽出のサイズがそれぞれどの程度大きくなるかを把握するのに役立ちます。

抽出の更新

抽出更新の際に一時ディレクトリで必要となる容量を考慮に入れます。一時ディレクトリとは更新時に抽出を保存する場所ですが、抽出の最終的なファイル サイズの最大 3 倍が必要となる場合があります。

.hyper 抽出が抽出のアップグレード後に大きくなる場合もあれば、小さくなる場合もあります。一般的に、全体のディスク容量の要件は、.hyper 抽出と .tde 抽出の場合とで同様になるはずです。

多数のワークブックの作成

ワークブックを使用している場合、Tableau Server にパブリッシュするワークブックの数を考慮に入れます。個々のワークブックが専有するディスク容量は少量の傾向があります。とはいえ、数千ものワークブックのパブリッシュを想定している場合には、これらのワークブックに対応できるよう追加のディスク容量を割り当てる必要があるかもしれません。

ロギング

日々の管理とトラブルシューティングをサポートするため、Tableau Server は通常動作の一環としてログ ファイルを作成しています。ロギングの構成レベルによって異なりますが、Tableau Server コンピューターで必要なディスク容量に大きく影響する可能性があります。

バックアップと復元のプロセス

データベースのバックアップと復元のプロセスを正常に実行するには、十分なディスク領域が必要です。バックアップ ファイルで必要な領域の合計に加え、テンポラリ ファイルのためのディスク領域として、バックアップ ファイルのサイズのおよそ 10 倍が必要です (そのため、バックアップが 4 GB の場合、テンポラリ ファイルのためのディスク領域として約 40 GB が必要です)。同様に、バックアップから復元する際も十分な一時ディスク領域が必要になります。

ドライブの空き領域アラートを設定する方法については、「サーバー イベント通知の構成」を参照してください。

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 ご意見の送信中にエラーが発生しました。もう一度実行するか、当社にメッセージを送信してください