Tabadmin から TSM CLI への移行

Tableau Server on Linux および Tableau Server on Windows バージョン 2018.2 では、Tableau サービス マネージャー (TSM) のコマンドライン インターフェイス (CLI) は tabadmin CLI に取って代わります。このページでは、TSM への移行に役立つよう、tabadmin コマンドを TSM CLI コマンドにマッピングしています。

TSM CLI の詳細については、tsm コマンド ライン リファレンスを参照してください。

注: TSM はバッチ ファイルです。別のバッチ ファイルで tsm コマンドを実行するには、call コマンドを使用します。たとえば "call tsm maintenance ziplogs" です。このようにすると、バッチ ファイルに制御が返されます。コマンドを発行する前に、TSM を認証する必要もあります。詳細については、tsm CLI での認証を参照してください。

tabadmin と TSM の違いの詳細については、Tabadmin と TSM の機能比較を参照してください。

対応する TSM CLI コマンドがある tabadmin コマンド

以下の表は、どの tabadmin コマンドが、TSM CLI で利用できるコマンドに対応できるかを示しています。

コマンドの説明 tabadmin コマンド 相当する TSM CLI コマンド
ライセンス認証します tabadmin activate --activate tsm licenses activate
ライセンス認証を解除します tabadmin activate --return tsm licenses deactivate
試用版をライセンス認証します tabadmin activate --trial tsm licenses activate --trial
Tableau Server によって管理されるデータのバックアップを作成します tabadmin backup tsm maintenance backup

TSM を使用して作成されたバックアップには、サーバー構成データは含まれません。サーバー構成データを含めるオプションはありません。

サーバー キャッシュをクリアします tabadmin clearcache tsm maintenance cleanup -r
一時ファイルと古いログ ファイルをクリーン アップします tabadmin cleanup tsm maintenance cleanup
サーバー構成に対して行った変更を更新します tabadmin configure tsm pending-changes apply
サーバー名とロゴをカスタマイズします tabadmin customize tsm customize
リポジトリへのアクセスを有効にします tabadmin dbpass tsm data-access repository-access enable
リポジトリへのアクセスを無効にします tabadmin dbpass --disable tsm data-access repository-access disable
ファイル ストア インスタンスを読み取り専用モードに設定します tabadmin decommission tsm topology filestore decommission
Tableau Server から 1 つ以上の Web データ コネクタ (WDC) を削除します tabadmin delete_webdataconnector tsm data-access web-data-connectors delete

詳細については、Tableau Server での Web データ コネクタを参照してください。

Tableau Server に Web データ コネクタ (WDC) を追加します tabadmin import_webdataconnector

および

tabadmin whitelist_webdataconnector

tsm data-access web-data-connectors add

: TSM は WDC のインポートをサポートせず、代わりに WDC をセーフリスト (または「ホワイトリスト」) に追加するのを許可します。詳細については、Tableau Server での Web データ コネクタを参照してください。

Tableau Server が使用する Web データ コネクタ (WDC) を一覧にします tabadmin list_webdataconnectors tsm data-access web-data-connectors list

詳細については、Tableau Server での Web データ コネクタを参照してください。

Tableau Server からサイトをエクスポートします tabadmin exportsite tsm sites export
リポジトリ フェールオーバーを開始します tabadmin failoverrepository tsm topology failover-repository
構成オプションを取得する tabadmin get tsm configuration get
OpenID リダイレクト URL を取得します tabadmin get_openid_redirect_url tsm authentication openid get-redirect-url
サイトの .csv ファイルを Tableau Server にインポートします tabadmin importsite tsm sites import
.csv ファイルを使用してサイトを Tableau Server にインポートします tabadmin importsite_verified tsm sites import-verified
Tableau Server 用のライセンス情報を表示します tabadmin licenses tsm licenses list

注: このコマンドの出力の詳細については、サーバー ライセンスの表示を参照してください。

ファイル ストアを読み取り専用モードからアクティブな読み取り/書き込み状態に移行します tabadmin recommission tsm topology filestore recommission
内部セキュリティ トークンを再生成します tabadmin regenerate_internal_tokens tsm security regenerate-internal-tokens
Tableau Server の登録 tabadmin register tsm register
Tableau Server の検索インデックスを再構築します tabadmin reindex tsm maintenance reindex-search
Tableau Server 管理者アカウントをリセットします tabadmin reset tsm reset
すべての Tableau Server プロセスを停止および再開します tabadmin restart tsm restart
Tableau Server バックアップ ファイルから復元します tabadmin restore tsm maintenance restore

復元コマンドを使用しても、サーバー構成データは復元されません。TSM を使用して作成されたバックアップや tabadmin で作成されたバックアップを使用している場合にも該当します。

構成オプションを設定します tabadmin set tsm configuration set
サイトを有効化または一時停止します tabadmin sitestate tsm sites unlock
すべての Tableau Server プロセスを開始します tabadmin start tsm start
Tableau Server およびサーバー プロセスの状態を取得します tabadmin status tsm status
すべての Tableau Server プロセスを停止します tabadmin stop tsm stop
Tableau Server ログ ファイルを含むアーカイブ (.zip) ファイルを作成します tabadmin ziplogs tsm maintenance ziplogs

対応する TSM CLI コマンドがない tabadmin コマンド

以下の表は、相当する TSM CLI コマンドが利用できない tabadmin コマンドを示しています。

コマンドの説明 tabadmin コマンド
システム管理者グループでユーザーの追加または削除を行います tabadmin administrator システム管理者グループでユーザーの追加または削除を行うには、Tableau Server REST API の「ユーザーをグループに追加 (英語)」および 「ユーザーをグループから削除 (英語)」の方法を使用できます。
リポジトリに保存されている機密情報を暗号化する新しいキーを作成します tabadmin assetkeys tsm security regenerate-internal-tokens コマンドを使用して、シークレットおよびマスター キーを作成するか再生成します。
Tableau Server がシステム開始時刻に起動するかどうかを指定します tabadmin autostart Tableau Server は、システムが再起動する前の状態に戻ります。実行中だった場合は、再起動します。停止していた場合は、システムの起動後に停止します。
バックアップ用の 2 番目のサーバー ノードを特定します tabadmin failoverprimary TSM にはプライマリ ノードがないため、このコマンドに相当する TSM は必要ありません。
Tableau Server で委任されたデータ アクセスの認証資格情報を管理します tabadmin manage_global_credentials 認証資格情報を全体的に管理するために、Apache Impala 用に Kerberos 委任を使用することを推奨します。詳細については、Tableau コミュニティのKerberosおよび「Hive/Impala 用に Kerberos 委任を有効にする」を参照してください。
Tableau Server アカウントのパスワードをリセットします tabadmin passwd サーバーでローカル認証を使用している場合、ユーザー アカウントのパスワードをリセットするには、Tableau Server REST API の「ユーザーを更新 (英語)」の方法を使用できます。
Tableau Server ユーザー ID と Open ID Connect アイデンティティ プロバイダーの間のバインディングをリセットします tabadmin reset_openid_sub
お使いの環境が、Tableau Server を実行するための最小要件を満たしているかどうかを確認します tabadmin validate
Tableau Server リポジトリのバックアップが正常に復元されることを検証します tabadmin verify_database tsm maintenance backup コマンドを実行すると、--skip-verification パラメーターを使用する場合を除き、バックアップが正しく復元されることを自動的に検証します。
Tableau Server 再起動後に VizQL プロセスで読み込み時間の短縮を準備します tabadmin warmup tabadmin warmup コマンドはもう必要ありません。Tableau Server では再起動後でも読み込み時間が自動的に短縮されるように最適化されるようになったためです。

 

 

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 ご意見の送信中にエラーが発生しました。もう一度実行するか、当社にメッセージを送信してください