このページは役に立ちましたか?
はい いいえ

認証

認証とは、Tableau Online サイトへのユーザーのサインイン方法のオプション、および初回のサインイン後のユーザーのアクセス方法を指します。認証では、ユーザーの ID を検証します。

Tableau Onlineは、次の認証タイプをサポートします。これらは、[認証] ページで設定できます。

  • Tableau: 既定の認証タイプです。すべてのサイトで利用可能で、ユーザーを追加する前に追加の設定手順を実行する必要はありません。Tableau 認証資格情報は、Tableau Online で保存されているユーザー名とパスワードで構成されます。ユーザーは、Tableau Online サインイン ページに直接認証資格情報を入力します。

  • Google: 組織で Google アプリケーションを使用している場合は、Tableau Online を有効にして OpenID Connect によるシングル サインオン (SSO) に Google アカウントを使用します。Google 認証を有効にすると、ユーザーは Google サインイン ページに転送され、Google に保存されているユーザーの認証資格情報を入力するように求められます。

  • SAML: SSO を使用する別の方法には、SAML を経由する方法があります。これを行うには、サードーパーティ アイデンティティ プロバイダー (IdP) を使用し、IdP と信頼できる関係を構築するようサイトを構成します。SAML を有効にすると、ユーザーは IdP のサインイン ページに直接リダイレクトされ、そこで IdP に既に保存されている SSO 認証資格情報を入力します。

サイトで Google または SAML 認証を有効にすると、外部の認証資格情報を使用してサインインするユーザーと Tableau の認証資格情報を使用してサインインするユーザーを選択できます。サイトでは TableauID と外部のプロバイダーを許可できますが、各ユーザーがいずれかのタイプを使用するよう設定する必要があります。[ユーザー] ページのオプションでユーザー認証オプションを設定できます。

重要: これらの要件に加え、常に Tableau 認証用に構成されているサイト管理者アカウントを専用として使用することをお勧めします。SAML または IdP に問題が発生した場合、専用 TableauID アカウントを使用するといつでも自分のサイトにアクセスできます。

Tableau が接続されているクライアントからの直接アクセスの許可

既定では、ユーザーがサイトにサインインするために認証資格情報を提供した後、接続されている Tableau クライアントから直接Tableau Onlineサイトに続けてアクセスできます。詳細については、接続されているクライアントからサイトにアクセスを参照してください。