Tableau Server リポジトリ

Tableau Server Repository は、サーバー データを格納するデータベースです。このデータには、Tableau Server ユーザー、グループおよびグループ割り当て、パーミッション、プロジェクト、データ ソース、および抽出メタデータと更新情報に関する情報が含まれています。

Repository PostgreSQL とも呼ばれます。

プロセス リポジトリ
ステータス Repositoryのステータスは [ステータス] ページに表示されます。詳細については、サーバー プロセス ステータスの表示を参照してください。
ロギング リポジトリが生成したログは C:\ProgramData\Tableau\Tableau Server\data\tabsvc\logs\pgsql にあります。詳細については、サーバー ログ ファイルの場所を参照してください。

優先するアクティブなディレクトリ

Tableau Server を構成するとき、優先アクティブ リポジトリとしてノードを指定することができます。Tableau Server がリポジトリ フェールオーバー用に構成されている場合、この優先アクティブ リポジトリ ノードがアクティブ リポジトリ用に使用されます。このステップはオプションです。優先アクティブ リポジトリ ノードを指定しない場合、Tableau Server は起動時にアクティブ リポジトリ ノードを選択します。

優先アクティブ リポジトリを構成するには、tsm configuration set コマンドを使用して、pgsql.preferred_host オプションを次のように構成します。

tsm configuration set -k pgsql.preferred_host -v "<host_name or ip_address>"

Tableau Server が起動時に特定のノードを選択するようにする場合は、優先するアクティブなリポジトリを設定します。アクティブなリポジトリ (たとえば、ディスク容量やメモリの大きいコンピューター) に特定のサーバーを使用する場合や、カスタムの管理ビューを使用している場合、この操作が必要となる場合があります。カスタム管理ビューには、ビューを作成したリポジトリを参照する接続情報が埋め込まれています。Tableau Server リポジトリへの接続の詳細については、Tableau Server リポジトリでデータを収集するを参照してください。

failoverrepository コマンド

フェールオーバーが発生し、パッシブ リポジトリがアクティブなリポジトリになった場合、そのリポジトリは Tableau Server を再起動するか、tsm topology failover-repository コマンドを使用して元に戻すまでアクティブなままとなります。アクティブにしたいリポジトリを選択するか、優先するアクティブなリポジトリ (設定している場合) を指定するともう一度アクティブになります。詳細については、tsm topology failover-repositoryを参照してください。

 

 

ご意見をお寄せくださりありがとうございます。 ご意見の送信中にエラーが発生しました。もう一度実行するか、当社にメッセージを送信してください